カテゴリー「城」の3件の記事

旧下田邸・箕輪城

   最近お気に入りの旧下田邸にまた行ってしまいました。さすがに池の中の落ち葉も色あせていたので、庭園の石桶を中心に撮ってみました。あまり詳しく知らないんですが、苔が気になりました。アップで撮ってみると、なんだか味わいがありました。

撮影:E-410

Pc131792 Pc131794_2 Pc131801

 旧下田邸のあと、箕輪城に行ってみました。先日、上毛新聞に出ていましたが、箕輪城の整備が始まるようです。天守閣を持たない戦国時代の城郭としては関東屈指といわれる規模を持つ箕輪城なので、楽しみです。城門などの建築物も復元されるようです。苔むした石垣は、どうなるんでしょう?忠実な復元を期待します

Pc131819_2 Pc131830 Pc131832

| | コメント (1) | トラックバック (0)

金山城

 昨日のスネークセンターの帰りに太田の金山城に寄りました。金山城は、中世の山城には珍しく、石垣が多用された城で、その石垣が復元されています。長男を伴って、学生時代以来の登城です。

 最初に大規模な石垣が現れたのは、物見台下の虎口です。なかなか良い感じ。

Dscn4463

 左は、城の中心部にある月の池付近から見た大手方面。右は、大手虎口付近から見た石垣。なかなか威厳があります。通路には水路もありました。

Dscn4473 Dscn4472

 これは、城の中心部にある日ノ池。儀式等が行われた神聖な池だそうです。

Dscn4468 

 最後に、これが本丸(実城)にある新田神社です。学生時代来た時には、売店があったはず…。閉じている…、ジュース があることを信じてついてきた長男はガッカリでした。

Dscn4469

撮影:COOLPIX P50

| | コメント (3) | トラックバック (0)

箕輪城

 長男とカブト取りに行った帰りに箕輪城に寄ってきました。箕輪城といえば、信長の野望シリーズでもお馴染みの長野業正の居城で日本百名城の一つです。武田を悩ませただけのことはある名城で、大堀切りは圧巻です(1枚目:左上が、大堀切り底から見上げた本丸です)。箕輪城には、何度も行ってますが、石垣が残っているというので確認してきました。(2・3枚目)。

 業正の死後、嫡子業盛は武田に滅ぼされます。最期は、自ら打って出て、敵28騎を切って落とした後、本丸北の御前曲輪で自害したと伝えられています。享年19だったそうです。最後の写真は、二の丸から見た東明屋の集落です。家が増え、作りの新しい家もありますが、当時もあんまり変わらない光景だったのでは?と思います。

 よく長野家は、そこで滅びたように言われますが、実際には業実(業盛の子?)が井伊家に出仕し、彦根で幕末まで家老職を務めたようです。

撮影:COOLPIX P50

Dscn3689 Dscn3683

Dscn3686 Dscn3694

| | コメント (0) | トラックバック (0)